ダークウェブなんて、結局インテリニートの思想でしかない。

木澤佐登志さんはとても面白い書き手だと思うけど、でも(オルタナ右翼やネオ反動主義に対する)自分のスタンスをはぐらかしている点は不誠実だと思う。欧米でオルタナ右翼が問題になる遥か以前から、2ちゃんねるという「ネオ反動主義的」なダークウェブアンダーグラウンドが暗躍し、実際に日本の言論空間や政治を無茶苦茶にしてきたのだ。

ダークウェブよりヤバい「普通のウェブ」
https://ascii.jp/elem/000/001/832/1832059/

繰り返しになるけど、vaporwaveにせよオルタナ右翼的なリバタリアニズムにせよ、向こうでもニッチな需要しかないと思うんだけどね。オーストラリア人がモスクを銃撃した件だけど、FBであっちのネトウヨ系ページを観察したら、あくまでもワーキングクラスであることを掲げている感じだ。だからオルタナ右翼の主流は、そこそこ教養のあるインテリニートではなく、むしろ政治的な疎外感を抱いている(食うには困っていない程度の)労働者階級ではないかと思うのだ。実際にそういう労働者の鬱積した不満を上手く利用してきたトミーロビンソンの方が、ニック・ランドなんかよりも遥かに思想的な影響力がある。


ここ10年の先進国の好景気は、主に新興国の成長によって支えられていただけである。それにフリーライドしてきただけのクセして「資本主義の加速によってヒューマニズムを解体する」とかいう新反動主義の思想はアンポンタンとしかいいようがない。その根底にいくらリバタリアニズムがあろうとも、所詮はドナルド・トランプという偽りのパターナリズム抜きには存在しえない。国家やヒューマニズムを解体しようとすればするほど、ファシズムや「超」国家主義に依存せざるをえない矛盾したものだ。


まあ、新反動主義なんて「失われた過去からの未来」みたいな、センチメンタルなロマンに満ちたものではなく、大学院を出ても「負け組のヤンキーになんで勝ち組オタクのアタシが税金払わないといけねぇんだ??」とか言う、こすい小悪党のための思想でしかないんじゃないかねぇ? 所詮、ネットの思想なんてまともにものを考えることのできない、無数のバカに支えられたものでしかない。バカがいくら理論武装したところで馬鹿はバカだ。それを見抜くための勘とセンスを鍛えるのが、ウェブ4.0以降の人文知であるべきだろう。