ギロチン

腐れポモウヨをぶっ潰す👊

ギャルゲーマーを「レイプファンタジー」映画秘宝読者を「ルサンチマン中年」と揶揄してきた人がね。

宇野常寛さんがキングコング梶原にからかわれてご立腹な様子だけど、しかしオタクやサブカルを嘲笑してのし上がってきた人が、いまさら被害者ぶっているのは欺瞞にしか見えない。


宇野常寛さんの言う「レイプファンタジー」とは、主に麻枝准の作風を揶揄したものだが、しかし、麻枝とは関係のないギャルゲーマーも「気持ち悪いレイプファンタジー」という印象を外部に与える意図で思いついたキャッチコピーであることは、察せられるべきであろう。


それ以外でも、柳下毅一郎の発言を論って「秘宝系ルサンチマン中年」とか嘲笑したりしていた。そうでなくたって、空気の読めないオタクを散々ネタにしてイジメてきたような人間である。宇野さんの過去の発言は、internetarchive上に残っている旧惑星開発委員会を見てもらえば、本来の彼がどういう人物であったかを、容易く見て取れるはずである。

「どうぞ、そちらに座っちゃって下さい」
 今回の依頼者は神山敬太(24)。早稲田大学教育学部の四年生だった。身長約165センチ、推定体重95キロ。正体不明の油分の滲んだ眼鏡と襟口の黄ば んだTシャツが印象的な、客でなければ水洗トイレに流す以外に対処の仕方を思いつかないタイプの青年だった。
web.archive.org

人間関係が苦手で「文化系」キャラに逃げちゃっているそこの君!
君の世渡りが下手なのは「敏感すぎる」からでも「特別」だからでもない。
それは単に君が「バカ」で、センスも悪いか らだ。
でも大丈夫、妥当な自己像を持って、しかるべき手を打てば、いつだって逆転は可能だ――!
web.archive.org

「王将」の一日分の残飯を全部折り詰めてしまえそうな凶悪フェイス。ジャイアンの母を想起させるニンニク系ボイスに似つかわしくないアニメ喋り。そしておそらくは自分では似合っていると信じて疑っていないショッキング・ピンクのマニキュア。
http://web.archive.org/web/20021205185142/http://members.tripod.co.jp/toumyoujisourin/otakuro.htm
⇑キモオタをネタにしてバカにした、大学生時代のテキストサイトの残骸

garth.cocolog-nifty.com

ホモセクシャルな友情をバカにしたこれなんて、今なら再起不能なぐらいの炎上必至である。
www.nicovideo.jp

まあ、誰にも悟られたくないであろう黒歴史はあるが、宇野さんの場合は、評論家としてのスタートが自分よりも弱い存在を痛めつけることでのし上がってきたようものなんだから、そこで今現在とのスタンスの整合性をどう取るのか疑問なところがある。そもそも「空気の読めないオタク」を指南する役を買っていた人が、いつの間にか空気を読む社会を批判する殉教者みたいな感じになっているその変わり身の速さもあれっていうか都合がよすぎるよね。しかし、それも「安全に痛い」無害な範囲でしかないのは、宇野さんが本物のアウトローになれない弱さゆえなんだろうと思いますが。

で、これって要するに「不思議ちゃんの彼女が欲しい」って話 です よね。
 この作品の本質はメタ構造でもなければSF設定(世界改変能 力云々)でもない、(恋愛を含む)「こんな青春がしたい」妄想の屈折した表現ですよ。
 この手のオナペット産業に一切思い入れがない人間から断言さ せていただきますが(笑)、この作品は「自分は恋愛(に代表される日常世界でのロマン)にたどり着けない」と劣等感を抱え込んでいる男の子たちの現実逃避 装置としてかなりよくできている。SF設定もメタフィクションの導入も、全部「萌えオタの自己正当化と現実逃避」のために機能しているんです。
web.archive.org