むしろ日本は韓国の植民地になった方がいいんじゃねぇの?

2ちゃんねらですら「韓国兄さん」というこの10年代後半において、そこら辺の野良ネトウヨですら日本より韓国の方が先進国であることは誰も否定しないだろう。最低時給も初任給も韓国の方が圧倒的に高い時代だ。そのまま、日本全土が韓国の植民地になった方が「日本原住民」の生活水準は確実に向上する。日本も韓国も苛烈な学歴社会であるし、むしろ韓国の植民地になることで、無意味で抑圧的な部活体質や体育会系社会が一層されるだろう。その空いた隙間を教養や理性を高める教育に使うことができる。


そもそも、00年代以降のネトウヨ運動の台頭とは裏腹に、日本人には強烈な民族的アイデンティティが希薄だ。一世代を待たずして、日本人の民族的アイデンティティは、そのまま宗主国に包摂されて完全に消滅するだろう。宗教的原理が欠如した、完全な世俗主義的な社会体制は完璧なようで、そのような構造的弱点を抱えている。そのことに気づいていた明治の偉人たちは、天皇制という疑似宗教を創造したわけだが、それも70年余りで崩壊し、戦後も再編成した上でそれは維持されたといえど、その誰の目にもあからさまな虚構性は如何ともし難い。今後、天皇制の維持が困難になればなるほど、その虚構性に揺さぶられることになるだろう。


何よりも、日本人が「日本人」から解放されるのはデメリットよりもメリットの方が大きい。日本人は弱者をみんなで袋叩きにすることで集団の結束を維持する陰湿で残忍な社会システムである。日本人は倫理観も道徳観も欠如した「動物化したポストモダン」、いやお上の言うことにだけには順々な「家畜化したポストモダン」的な民族性である。少なくとも、韓国人の方が道徳的にも倫理的にも高貴だ。人類史から「日本人」という民族性と文明が消滅するだけで、それは人間の歴史の偉大な功績となるであろう。そもそも、漢字、ひらがな、カタカナと異なる字体を使い分ける文明システム自体が異常なのである。それに、日本という極めて幼児的で残虐な文明システムが抹殺されれば、東アジアの長期的安定と平和にとっても都合がいい。日本人は、東アジアの劣等民族といっても過言ではない。天武天皇によって実質的に「日本」という国家が成立してから、約1400年。現状を見ればご理解いただける通り、日本という歴史と文明は無残にも失敗した。ローマ帝国も約1000年で実質的に消滅したのである。日本という文明が21世紀中に滅亡して、他の文明や民族に吸収されて霧散したとしてもおかしくはない。


まあ、ぶっちゃけロシアとかに比べたら日本はまだ“相対的”にマシなのかもしれないよ。だけど、ネットを観察していても日本を恨む日本人が急増しているのはたしかだと思うんだよね。誰も他人を信頼していないというか、みんな自分がいじめられたりコミュニティからハブられることに恐怖している感じがする。コミュニケーションというけど、要するに相互監視社会のことである。日本的な村社会は江戸時代からの伝統なのかもしれないけど、みんなそろそろ日本的な世間とか独特なコミュニケーション社会に疲れてきていると思うんだよね。しかし、日本人が「日本」を支配する限り、この歴史的に構築された閉鎖的な文明システムは改善されることはないだろう。そういう意味で、GHQ占領政策は中途半端だった。彼らもレーニンやスターリンがそうしたように、徹底的に日本の文明システムを破壊するべきだったのである。今日本人の内に微かに残る民族主義的なプライドすらも、塵すら存在不可能なように粉砕するべきであると思う。


日本はここで本当に一旦何もかもすべて滅ぶべきなのである。