ネット民が脱ネトウヨ化しているわけ

なんJ民のネトウヨ動画ban祭りや、アニメ化される予定のネトウヨなろう小説が急転直下で危機に陥っていたりと、それまでネトウヨに寛容だったネットの空気が徐々に変わりつつある。


これをネットの左傾化と受け止める人もいるかもしれないけどそれは違っていて、おそらく2ちゃんねら(5ちゃんねら)に備わっている、ネトウヨ的な冷笑性は温存されたままではないかと思う。


というか、もう中国や韓国を揶揄できないぐらい日本が酷いってことなんだよね。ネトウヨ的なものも本来はある種のアイロニーの裏返しから出発しているはずなんだけど、そこで、国家を人格的に自分の自意識と直結する傾向がある5ちゃん民だからこそ、ダメな自分=ダメな日本(ジャップ)という自意識ないし駄目なナルシシズムへとストレートに反応してしまうのではないかと勘ぐっている。


特にニュー速嫌儲では、去年辺りからジャップ叩きスレが出没しはじめて、まとめサイトみたいなネトウヨが多い場でもジャップ連呼がちらほらと見え始めている感じである。「ダメなお前ら」というアイロニカルな自意識で繋がっているネット民だからこそ、余計にジャップっていう自虐芸にブレてしまうのだろう(私もだが)。


まあ、毎回しつこく言い続けているけど、このネットの流れに一番乗り遅れているのが、サブカル評論系やバカアート系のようなポストモダン派のクールジャパン・ロマンティストであろう。しかし田端某に限らず、落合陽一やイケダハヤトあたりを本気でスゴイと信じていそうな輩ほど、ネトウヨ動画的な日本スゴイ論や過労死自己責任論と相性がいいのである。こいつらは、あからさまなヘイトはしないインテリネトウヨが混じっているだけでなく、さらにポジティブ病患者も多いから、雑魚ネトウヨの三倍タチが悪いって感じなんだよね。


それはどうでもいいけど、なんJ民のネトウヨ動画ban祭りにせよ、いじめ自殺で直接学校に嫌がらせするような暗い義憤とかルサンチマン感情じゃなくて、ドライに楽しく追い詰めていこうって感じはいいよね。それをルサンチマンでやると足元を見られている感が出てくるから。