ギロチン

F@CK ポストモダン

新感染(釜山行き)

思っていたのと違ったというか、ゴア描写も控えめだし、B級ゾンビ映画的なカタルシスよりも、あくまで家族との絆に軸足を置いた感動大作という感じ。なんだけど、それが退屈だったっていうか、話の展開も予想通りに進んでいくし、お嬢さんや哭声みたいな、ケレン味のあるコリアンムービーを期待したら肩透かしをくらうかな。同じ家族とか政治性がテーマなら、グムエルの方がより洗練されていると思うし。