一体今までどれだけの奴らが原爆のことを気に留めていたのだろうか?

例によって、はてなブックバァ~カーたちがシュナムル氏に突撃しているようだけど、この中でどれだけの人が原爆に関心を寄せてきたんだろうかね?

b.hatena.ne.jp


今回のBTS騒動の本質は日本の歪んだ嫌韓ナショナリズムであって、原爆の話はその口実に過ぎない。だから、原爆投下についての普遍的な歴史問題を延々と問うても不毛なのである。だいたい、当の日本人の間ですら原爆について何か統一されたコンセンサスがあるわけじゃないのだ。


まあ、シュナムル氏の言う通り、原爆をホロコースト南京大虐殺と同列に扱うのは無理があると思うけどね。そもそも、原爆投下は人種差別的に実行されたわけじゃない。ドイツだってもう少し長く抵抗していたら、確実に落とされていただろうし、通常の空爆の延長線上で行われたものであるはずだ。


無論、原爆投下自体は人類共通の歴史的な負の記憶であることは否定できない。しかし、日本人が原爆を盾にした被害者ナショナリズムを煽るには、都合の悪い理由がいくらでも思いつく。


実際、中国大陸や東南アジアで無数の民間人を殺害し、現地の経済を大混乱させたてきた経緯があるわけだしね。それに対して、今の日本がどういう歴史的認識でいるかを考えたら、原爆をもって戦争の被害者ぶる資格などないであろう。


そんなことよりも、北方領土問題の方がよっぽど被害者的側面が大きいと思うんだけどね。これに関しては、ソ連が一方的に停戦協定を破って侵略してきたんだから。まあ、アジアには親分面するくせして、西欧にはエクストリーム土下座するのは、いかにもなジャップ仕草という感じである。