新潮45の杉田水脈擁護特集から見る、日本の人文系の底の浅さ

新潮45杉田水脈擁護特集が炎上しているらしいけど、でも今どき文学とか思想をやっている連中なんて、少なからずレイシストだしエスノセントリズム的だから、さもありなんって感じだよね。


今どきの文系なんて、青識亜論みたいな筋金入りの差別主義者や、某ネトウヨなろう小説のアニメ化中止を「オーバーキルだ!」と嘆くような鈍い奴らが平均であろう。福嶋亮大もマッチョな文学観を語って炎上していたけど、在特会朝鮮学校襲撃を「語り口を制御すれば適切な問題提起になりうる」とか評していたバカなんだから、元からその程度なのである。


だから新潮45的なものは、別に教養人気取りの保守親父だけに限らず、今の20代~30代ぐらいの若い文系サブカルにも言えることなんじゃないだろうかね。東浩紀だって、リベラルの逆張りネトウヨの容認を煽ってきた経緯があるし、その姿勢は多くのサブカルクソ野郎共に影響を与えたはずだ。こういうポストモダンネトウヨに甘い姿勢が、杉田水脈のようなクズをのさばらせる空気感に加担したことは、想像に難くない。だから、東から影響を受けた世代が、某ネトウヨなろう小説がアニメ化中止されたぐらいで、オーバーキルだと嘆くのも無理はないのだ。まあ、東はネトウヨの大ボスであり、ゲンロン会員なんて一人の例外もなくレイシスト予備軍であろう。


だけど、このサブカル人文系的なバカっぽさは、ポストモダン界隈外にも広がっているんだから救いようがない。大学で言語哲学を研究している、永井均ファンが「ヘイトは思想として認める」とか言っているのを見かけたし、エビデンス厨のような連中も、胡散臭いリフレ派やキクマコと近かったりするんだから信用に値するものではない。


そういえば、既に消されているけど、唐沢俊一が、社会派くんでイジメ自殺者やその被害者に「死ね」と連呼している記事を見かけたことがある。だから、新潮45に限らず、出版界は元からそんな体質だったのかもしれない。保守論壇のゲスさなんて、小林よしのり大月隆寛が全盛期の頃から分かっていた話だ。そのような露悪的な体制を、冷笑的に持て囃していたのが、サブカル系の言論人や学者だったわけで、突然、新潮45的なものが浮き彫りになったわけではない。それはずっと前から存在して、連綿と受け継がれてきたものである。15年ぐらい前なら、村崎百郎唐沢俊一大月隆寛あたりは、おそらく新潮45逆張り的に擁護していたはずだ。そして、その擁護に妙に納得するサブカル社会学者という地獄絵図が繰り広げられたに違いない。


なので今回の新潮45の件は、日本のビジネス言論における傍流どころか、むしろ主流である。弱者や人権を露悪的に踏みにじる言論がカジュアルに消費されるだけでなく、認識として本人の思考に定着していくのである。それは、何も論壇系だけでなく、東浩紀に影響を受けたサブカル評論系の中にもうっすらとしたレイシズムやヘイトが拡散しているんじゃないかね? 直接的にネトウヨを肯定してなくても、ネトウヨはリベラルのせいみたいな話をずっと広めていたんだから、東のファンや信者が、ネトウヨに同情的な姿勢になったとしても変ではないし、ネットを観察してもそんな感じに見える。


まあだから、新潮45の件は特異点であるにせよ、日本のネトウヨ教養人やサブカル人文系の体質における氷山の一角であるのだ。今どき、本を熱心に読み漁っている奴ほどネトウヨの可能性があると疑った方がいい。腐れスノッブ根性の冷笑趣味主義者を量産するという意味で、教養主義はゴミなのである。