自分も”差別”される側だという自覚が足りないよね

青識亜論の過去のツイート集みたいなまとめトゥギャッターを見たけど、自分は一方的に差別する側だという甘えた認識が垣間見られる。f:id:teleo:20180915091922p:plain:w540

そういえば、こんなツイートを見かけた。
f:id:teleo:20180915092139p:plain:w540

話は外れるけど、日本で白人しかいないファッション誌が成立するのも、日本人は差別される対象ではないという変な認識(?)があるからだ。しかし、実際は第二次世界大戦中における日系人の強制収容はあったし、今でも西欧諸国にいけば否応無しに差別に遭遇することになる。事実、テキサスで日本出身の従業員が差別される事件があった。


まあ、青識が依拠している理論なんて、結局は西欧白人優越的な世界観の域を出るものではないという気もするけど、もし自分が差別される側に立たされたらどうするつもりなのかね? 普段は強者ぶっているけど、いざそうなった時には、急に弱者の側としての憐れみを乞うんだろうけど、都合がよすぎるわな。もちろん、青識だけの問題ではなく、実質、加害者としての経験だけに酔ってきた近代以降の日本の歴史や、それを前提として組み立てられてきた、日本の思想や言論の責任も大きいわけだけど。


だが、日本人は差別されないなんて錯覚でしかないし、無自覚に西欧的なものの下位に従属されているような感じが気持ち悪いというか、日本の言論が先立ってそれを前提にしちゃっているのは不味いんじゃねぇの? 抽象的な話になり過ぎたが、青識みたいな不良債権を生み出した、日本の思想や哲学は死ねばいいと本気で思っているので、今すぐにでも自殺してくれ。