なんで強制的に黒髪に染めさせる件については騒がないんだろう?


青識亜論さんや柴田英里さんのように自由を愛する聖戦士らが、ことエロの話題になるとギャーギャー騒ぐくせに、地毛を黒髪に染めさせた学校の件については無関心っぽいのは不思議なものである。


だいたいからし表現規制を利権にして巣食っている警察や司法組織の方が左翼やフェミニストよりも悪質なんじゃないかね。局部をモザイクで細工しているのも、警察の裁量権ビデ倫といった組織を維持するためのものでしかないし、再三言っている黒髪校則の件も、特にその規則に意味のない重大な人権侵害案件である。だが目の前の分かりやすい権力を叩くのは、彼ら彼女らの敵である左翼やリベラルと同一になってしまうから、教義上それはできないのだろう。


まあ青識のようなネトウヨや柴田にせよ、別に表現規制そのものはどうでもよくて、単にツイッター内での人気取りのために左翼やフェミニストをやり玉にしているだけの感じもするが。自分の旗振りを隠して左翼っぽいものを叩くだけで、公正中立な中道ポジションが用意されるんだから。


けどその中身は、ネトウヨ惑星を周回している衛星程の影響力しかないように見えるけど。単にツイッター言論ゲーム内で承認欲求を満たすために、左翼フェミ叩きが横行しているじゃないだろうか。その極北がもはや意味不明のポエムを連発している三浦瑠麗先生だったりするんだけど、そんなに左翼が憎いなら自称リベラルではなく、正々堂々とネトウヨだって宣言すればいいのに。


だけど(佐々木俊尚、キクマコ先生みたいな)何でもかんでも左派のせいにする日本の中道リベラルって、まるで同じく何でもリベラルのせいにする欧米のオルタナ右翼に見える。震災以降のゼロ年代批評界隈も日本スゴイ論の嚆矢みたいなところがあるし、中道そのものがネオリベ化している現代において、彼らがネトウヨ的な磁場に吸い寄せられてしまうのは致し方ないことなのかもしれない。